chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

「風立ちぬ」みたよ

うーん。なんともはや。

 

映画見終わった直後に、一緒に見てた友人に「俺は何を感じ取ればよかったわけ?」と思わず聞いてしまうほどコメントに困った。その時の俺は大変うざかったと思う。友人ごめん。

こういう書き方だと語弊があるのでちゃんと言っておくと、映画自体は大変面白かった。TOHOシネマズの椅子が硬くておしりの左側の骨がずっと痛かったことを除けば、常に集中して物語に見入っていた。だが、なんと感想を述べていいのかわからないのである。

 

※以下ネタバレを含む

 

物語を分解してみれば、なんとなく見えてくることもある。例えば、彼らの周りでは人が全く死なない。大震災、戦争と生々しいワードは出てくるものの、劇中には一切人が死ぬ描写がなされない。

彼らだけ浮世からぽっかり浮いているんだよな。夢の世界というか。あの避暑地?の出来事なんか象徴的で、まるっきり世界から切り離されている。カプローニなんか夢の中でしか出てこないしさ。

 

「夢」っていう単語の意味合いは広すぎて、じゃあなんだ、って言われたら僕は答えられないんだけど、「夢」のお話なんだと思うよ。それをじゃあ現代の憲法9条とか、現代の悲しさとか、たばことか、結核とか、そういうのと結び付けて考えるかどうかはまあその人次第なんじゃないかな。

 

題材が題材だけに、かなり器を広く作っているというか、変な話丸投げというか、そういう印象は少なからずあるなあ。それも含めた「皮肉」なんだろうかw

 

見る価値はあり。どういう視点で見たとしても物語自体は面白いものだと思います。

広告を非表示にする