chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

CoJにっき

明日からまた忌まわしき日常が始まってしまうので、年末~年明けにかけてやったCoJについて、特にまとまりもなく、いつものように書いていこうと思う。

 

■Sランクになったよ

f:id:chomosh:20140105235421p:plain

 

やったぜ!Verが変わったらすぐ落ちそうな気もするけど、とりあえず嬉しいもんだ。

 

■最近のメタ

最近僕はデッキを考えることを放棄したんだけど、なんでかっていうとこの珍獣赤緑が流行っているから。

 

▼珍獣赤緑 

f:id:chomosh:20140105235705p:plain

© SEGA

 

ジャンプーとか入ってるちょもすEditionだけどそれはまあおいておいてさ。

これは珍獣をいっぱい並べていっぱい圧縮して、ブロウアップやマーヤやベリアルで道をこじあけて珍獣でいっぱいライフポイントを取るデッキ。バクダルベリアルの秘奥義も搭載!

 

こんなデッキが今の流行り。じゃあ、このデッキが流行っているとなんでデッキを考えることを放棄することに繋がるかっていうとさ。

 

このデッキってキルターン(実際のキルではなく、大勢が決してしまうターンのことを指す)がものすごく速くて、4~5ターン目くらいなんですよ。このデッキ相手になんもアクションを起こせなかった場合には、大体4ターン目にやられてしまうわけ。

 

だから、デッキを組むに当たって、

 

1.これ以上の速度を持ったデッキを組む

2.このデッキに対してアクションを起こせるデッキを組む

3.これを使う

 

とこんな感じの選択肢しかないんですよ。で、4~5ターン以上のキルターン速度を持つデッキってそうそうない。安定感とかも含めると、これ以上の速度を出そうとするのは中々無理がある。

 

だからこれに対してなんらかの対抗手段を持ったデッキを組まないといけない。このデッキに対してなんらかの対抗手段を持つというのは、おおむね、「ワラワラしている珍獣に対して影響を与える」ことを指す。BP1000とかのアタックが通っちゃうと大体負けるってこと。他にも何か抜け道はあるかもしれないけど、現状はそういう方向でメタが進んでる。

 

そして、「珍獣に対して"無理なく"影響を与える」ことのできるカードって今のところ数がとても少ない。

 

1.捌きのマーヤ

2.蛮王ベリアル

3.ラグエル

 

アースクエイクとかもあるっちゃあるんだけど、あれは速度が全然追いついていない。ハウリングすら「打ったら負ける」とか言われている時代において、アースクエイクなんて打つ暇ないし、そもそも攻撃を受けてくれない。ずっとアースクエイクを構え続けることはできるけど、その場合はブロウアップで赤ユニットを焼かれて機能不全になったり、超圧縮されてバクダルベリアルの秘奥義をかまされてしまう。毘沙門も後攻を背負った時には間に合わない。ショックライトニング?ラグエル使えよ!

 

だから現実的な所が上の3枚。「4~5ターン以前に無理なく機能し、珍獣を効果によって倒すことができる」のがミソ。

 

1と2はもう話にならないっていうか、その二枚入れるなら珍獣赤緑使えよっていう話になるでしょ。新しいデッキを探してもいいと思うけど、その2枚を使った強いデッキが猛威をふるっているんだから、そりゃ新しいデッキを探さなくてもいいか、となる。

 

ラグエルは強化されてから使えるかきわどいカードだったと思うんだけど、ようやくデッキが見つけられて、今やもう一線級のカードになった。でも、やっぱりクセのあるカードだから、ラグエルを使ったデッキってそうそう見つからないわけよ。そもそもメタカードだしね。ラグエルを中心にデッキは組めないよ。

 

メタカードを無理なくデッキに組み込もうと思えば、別の所でシナジーを生むしかあるまい。そう、ラグエルは「天使」なのである!

 

 

▼黄単天使毘沙門

……ばばーんとデッキレシピを書きたいところなんだけど、

 

1.珍獣に比べてデッキがまだそこまでバレていないこと

2.人様のデッキであること

3.俺がもっとAPを盛りたい

 

という三つの理由からまだこのブログに書くべきじゃないかなーと判断しました。Twitterとかを根気よく探せばどこかにレシピがあるかもしれないから探してみてね。

 

 

とまあ、そういった理由があって、この環境で生き残れるデッキはそう多くないかな、というのが今のところの感想。だからデッキを組むのを諦めて、強い人の強いデッキをコピーしてCoJを超満喫しています。

もし黄単が増えればまたそれでメタは回ると思うけど、黄単って赤緑に比べてちょっと敷居高いんだよなあ。細かい所が結構難しくて、あんまり万人向けという感じではないから、そこまで流行らない気もするのである。赤緑でもブン回っちゃえば結構黄単に勝つしね。

 

そんな感じですよ。僕はこの環境嫌いじゃないけど、掲示板とかで文句が出るのはわかる。デッキを組む上での閉塞感みたいなのあるしね。あと珍獣ブン回りの理不尽さは結構あるので、そういうのが耐えられない人はダメなのかもしれない。

 

 

……明日からはARCANA CUP予選大会!ボーダー見てやれそうならちょいちょいやっていきたいですね。環境もちょっと変わっていくといいなー。

 

こんな環境も相まって、万人に勧めることができないのがこのゲームの本当にアレな所でそこは残念なんだけど、今回はそれは別の機会に書くとしよう!

 

本年度もよろしくお願いいたします。またね!

広告を非表示にする