読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

マミーちゃんは本当に強いのか

 

しばらく前に公開されたマミーちゃん。かわいい。

 

ところで、マミーちゃんについてはAsk.fmによく質問が来る。

 

マミー登場でディナー修正来るんじゃ?みたいな声がチラホラあんすけどちょもし的にはどうお考え?

 

マミーちゃんは有利を加速させるカードだから…みたいに言っている人いるけど、このゲームで有利を加速させるカードがどれだけ悪さしてきたと思ってるんすか!って自分は思うんですけどちょもすさん的にはどう思います?

 

一応答えてはいるんだけど、深いところまでAsk.fmで説明するのは無理なので、ここで説明しようと思います。

 

あっ先に注意しておくと、強すぎ意見が多かったのでバランスを取る意味で僕は弱すぎ意見を出してます。強すぎ意見が多くなかったらそもそもこんな記事書いてないと思う。

 

問題になるのは条件

マミーちゃんを評価するにあたって、一番見なければいけないポイントは条件の部分だと思う。

「対戦相手の手札が2枚以下の場合、以下の効果が発動する」が条件。

 

そして能力は

「戦場に出た時の効果(CIP)」と、

「破壊された時の効果(PIG)」で二つ。

 

これらを踏まえてよく考えてみてほしいんだけど、今までのハンデスデッキの戦い方としては、相手の手札を2枚以下にする時(=ポイズンディナーを打つ時)って、盤面で有利を取れた時なんですよ。先手ヒュプノスディナーとか一部例外はあるにせよ、基本ロキL1のいる盤面でディナーするようにする。

 

じゃないとハンデスしても意味がないんですよね。相手がトップデッキするまでもなく盤面解決していたり、カイム引かれただけで辛くなるような状態であれば、むしろこっちがハンデス後にトップデッキしなければいけないっておかしな状況になる。それではハンデスする意味がない。

 

だから実は、こいつを出しながらディナーとか、ディナー前にこいつを並べておくという動きはあまり強くない。CP2を使っても盤面はなんら有利にならないし、(僕のルール認識が間違っていなければ)マミーちゃんディナーはマミーちゃんのチェックが先に入るので、ディナーと同時に使っても、回収能力は使えない。

 

能力も実は噛み合っていない説

そして回収効果も、ライフダメージ効果も、従来のハンデスデッキにはあまり噛み合っていないように思う。

 

まず回収効果。実はユニットが戦場に出した時に1枚手札が増えるという効果自体が、ハンデスデッキにおいてはそこまで強くない。昔ヒトミプロメテにカパエルを入れてた時に思ったんだけど、1CPのユニット+ハンデスの動きをしたいことが結構多かった。

その時の1CPユニットが手札増やす系だと、ディナーで手札を捨ててしまうので意味がない。むしろプロメテウスを泣く泣く捨てなければならなかったりと、相性は悪いと感じた。

 

そもそもヒュプノスだったり地下書庫だったりで、手札の無い状況から1~2枚は手札を抱えられるんですよ。その役割はもう他のユニットが持っているので、このカードを使う場合にはそいつらとは切り離したデッキを組むことになると思う。

 

その点、ミイラくんやスカルウォーカーみたいなカードは、盤面に疑似的なアドバンテージを置いておくことができるので、相性が良い。ディナーを打つ時はとにかく強い盤面にしたいわけですよ。

 

そしてライフダメージ効果。これはオーバーキルになりがちで弱いと思う。今までの流れから察することができると思うけど、「相手をハンデスした状況」は、「盤面で有利な状態を作った状況」である事が多いので、マミーちゃんのライフダメージに頼らずとも、実は勝ち切れることがほとんどのように思う。ハンデス後は7点取れるか1点もとれないか、みたいな極端なパターンになりがちで、1点の差で勝敗がどうこうというのはあまりない。

 

有利状態かつトップデッキするパターンは確かに強い

ここまで弱いパターンのみ書いてきたけど、強いパターンもある。

それはお互いに手札がカツカツになってる時に、マミーちゃんをドローした時。これは結構強い。ヴァイパー+ガシャドクロの能力が2CPで使える。ただし、CP2でBP2000なので、盤面を巻き返したり、厄介なユニットに対して対処する能力は全くない。だから、有利または均衡している状態でドローすることがこのカードには求められている。

 

 

ハンデスの目的は“時間を止める”こと

これはあくまで僕の認識だけど、ハンデスデッキでハンデスする一番の理由は、「今ある盤面を固定化」させたい、というところだと思う。この盤面のまましばらくゲームをやりましょうという、時間停止みたいな感覚かなあ。

 

アドバンテージを稼ぐという感覚ではないんですよね。相手を事故らせるという感覚でもない。選択肢を絞るという感じかなあ。うーん。ニュアンスを伝えるのは難しいですね。

 

このゲーム2ドローだし、魔法石あるし、珍獣いるし、トップデッキって基本めちゃくちゃ強いんですよ。たける君がよく「好きなカード引きすぎ」ってキレてるんだけど、それだけトップで好きなカード引けるゲームだと思うんですよね。

 

だから「相手が何も引かなければ勝てる!ヒュプノス二枚いるし爆アド!」みたいな見切りディナーって大体失敗するんですよ。蠅魔王剣でヒュプノス2体殺されてアドバンテージとはなんだったのかみたいなことに大体なる。

 

ハンデスする上で最も重要なのは、トップベルゼだったりトップ毘沙門されても、ある程度はなんとかなる程度の盤面を作ることだと僕は思ってる。

「トップで○○引かれたら負ける!」はまず負けるので、「○○と××の組み合わせ引かれたら負ける!」くらいにはして、ハンデスすることを僕は心がけてる。

 

有利盤面を作って、時間を停止させるんですよ。

 

つまり

今のハンデスに盤面に貢献しないユニットを入れる余裕はほとんどないので、今のハンデスデッキにマミーちゃんは合わない!というのが、僕の持論です。

 

ただもちろん、今のハンデスデッキに合わないというだけであって、ヒュプノスとタナトスから脱却した新しい形のハンデスデッキが産まれてくるかもしれないし、ハンデス珍獣デッキみたいなテーマの新カードが出る時には、このカードの評価もガラっと変わると思う。

 

要するに全カード公開を待てってことだよ!

 

 

と最後に保険をかけておいてこの話はおわり。大体こういうのってマミーちゃん使用率1位とかになって「ちょもす 無能」みたいな流れになるんですよ。ほんと何かを発信するのってリスクしかないよね。嫌になっちゃうね。

 

と、更に保険をかけて今日はここまで。

 

それじゃあまた。