読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

イベントで試したカードとか

CoJ - コラム CoJ

全国では使わないカードをかなり色々試したのでそのへんについてざっくりと箇条書きで。

 

ケルビム

f:id:chomosh:20141204232645j:plain

© SEGA

 

モデリング?が超小さい。びっくりした。普通にタナトスみたいな奴がでてくると思って出したらカパエルサイズのミニマムな何かが出てきて思わず笑っちゃったよ。

 

能力は正直よくわからなかった。次元干渉は自身にもつけれるけど、難しい条件満たした結果次元干渉3というのはあまりにもなんというか。スピードムーブもついてくれればよかったけどよくばりすぎか。点のやりとりの最中に置くには不安の残るユニットなので、並べあいになった時に真価を発揮するカードなのかも。

 

問題はどうやったら並べあいになるのかっていうところなんだけどね。

 

アリジゴック

f:id:chomosh:20141205000514j:plain

© SEGA

 

自分から昆虫トリガーの「破壊時」効果を踏める偉いやつ。普通に強かった。

問題があるとすれば、俺の昆虫センスの無さと、昆虫デッキそのものがアテナにきついことくらい。

ミノタンクの使いまわしではあるもののぐるぐる回ってる部分がちゃんと蟻地獄になってて感動した。

 

マルドゥーク

f:id:chomosh:20141205001332j:plain

 © SEGA

 

うーん。2ターン目に出すにはカイムに遠く及ばないし、2体消費済みのところにこいつを出してもそんなにどうこうならなかった。

 

行動権2体消費済みという条件は、アリエとかレイアみたいなカードを考えないとすれば、大体めっちゃやばい状況なんですよ。攻め込まれててピンチ、次のターンをしのがないとヤバイ、みたいな。

 

そういうときの呪縛はまあ確かに嬉しいんだけど、ビルダー立てたほうが全然安心できるって場面もあって、そこはなんだかなあと思った。

 

多分ケルビムもそうなんだけど、ライバルが強すぎるんだよ。カイムとか、ビルダーとか。あいつらを超えるカードってのは中々難しいのかもしれないね。

 

 

今日は簡易更新でした。新しい天使デッキの形を思いついたので明日はそれでやってきます。

 

それじゃあまた。