読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

なぜ今更になって突撃の合図なのか

アリアン珍獣

f:id:chomosh:20150809231216p:plain

© SEGA

 

僕はこのデッキをめっちゃ気に入っていて、Ver1.4になってから一番使っています。これがまあ面白いんですよ。追い風!追い風!珍獣珍獣珍獣!突撃の合図!ってお前それ何年前にやってたゲームだよって自分でも突っ込んじゃうくらい、懐かしさのあるデッキが蘇りました。1~2年前の知識がそのまま応用できるデッキで、逆に言うとその頃をやってない人だと「追い風+軽減毘沙門か追い風追い風+毘沙門か」みたいな細かいセオリーの積み重ねがなくてちょっと危なげで、結果そこまで流行ってないのかな、みたいな印象を受けます。使えると超楽しいんですけどね。

 

ところで、ここで一つ疑問が沸いてくるわけですよ。なんで強すぎてめちゃくちゃ弱体化された突撃の合図とか、追い風とかが、今になって環境に蘇ってるのかって話。これ実は、一つのカードで全て説明できると思うんです。それがこいつですよ。

 

純情ヴァルゴ

f:id:chomosh:20150809010343j:plain

© SEGA

 

追い風突撃が強すぎて、昔エラッタされたカードを思い出してみてほしいんです。追い風は2CPから4CP始動になって使い勝手が悪くなった。突撃の合図も3CPから5CPになって激重になった。グラインドビートルは2CPから3CP始動になった。あわだっくんも1CPから時を経て3CPになった。0コスユニットは削除された。

 

カイムは3CP 6000/7000/8000から、3CP 5000/5000/5000になった。

湖畔のアリエが1CP2000→2CP2000になった。

 

逆に言うなら、ここまでしないとまだ強かったんですね。ここまでやってやっとKP毘沙門みたいなデッキが死んだんですよ。初期の追い風毘沙門からKP毘沙門まで、ずっと追い風+突撃系のデッキは環境にいたんです。

 

で、太字にしたところを読み直してもう一度ヴァルゴのスペックを確認しようと思います。条件を満たす必要こそあるものの、防御禁止という行動権消費のほぼ上位互換とも言える能力と、トリガードローというゲーム中最強クラスのカイムの能力を持ったこの純情ヴァルゴのスペックはどうかというとですよ。

 

3CP 6000/7000/8000

 

ですよ。もう事件だよ。湖畔のアリエとカイムを合体させたユニットが3CPで出せる。カイムとしても使えるし、アリエとしても使える。あるいは両方の機能を持って使える時がある。カイムとアリエ出したら最強当時ですら4CPかかりますけど、こいつはそれを3CPでやります。行動権消費じゃなくて防御禁止だから、その質は当時よりもっと高い。そりゃ突撃の合図使えるようになるでしょ。アリエのエラッタとカイムのエラッタをなかったことにしたようなカードが出てきたんだから!

 

実際ほんと何をやらせても強い。序盤に6000打点置きながらトリガー持ってこれるからベルゼに耐えれる盤面も自然と作れる。ベルゼに耐えれるってことは返しに殴れる。自然に相手のライフを減らせる。

 

防御禁止も強い。先行のはにわ→デビルウィンナー→軽減ヴァルゴは犯罪的に強い。昔の赤黄基準で考えて欲しいんだけど、2Tにカイムを置きながら1Tに置いたマコのパンチが相手がほぼなんであれ通るんだよ。むちゃくちゃでしょ。

 

もちろん追い風突撃のパーツとしても使える。さすがに3CPだから、ワンダフルハンドを絡めてまでやるのはちょっと難しいけど、序盤の盤面で勝ってて(ヴァルゴのおかげ)点が取れてれば突撃の必要点数が3~4点になることが結構あるんだよね。そういう場面のおいてのヴァルゴ(防御禁止)突撃は十分実用に耐えうるコンボで、相手側からするとほぼケアできない動きになる。こいつの先行ゲーまじで多いんだよ。序盤のヴァルゴ絡みの動きで3Tあたりまでに2~3点入って、相手がベルゼ出した返しに追い風追い風珍珍珍珍ヴァルゴ突撃みたいな勝ちパターンは実際かなり起きる。

 

やっぱりカイムとアリエ内蔵はやばい。条件があるからこそ許されてる能力だと思うんだけど、こと先行の序盤の動きに関しては、相手側が「2Tにヴァルゴ出されるとやべえ!このターンであのはにわを倒さなきゃ……」と思ってはにわ無理して倒したりしたらそれはそれで負けるからね。はにわだし。そんなのゲームにならないわけですよ。「エレメント系は更地ゲーだから流行らないでしょ」って僕も思ってたんだけど、序盤に関しては全然そんなことない(はにわに御供打ってたらゲームにならない)し、後半は後半でカパエルなりウィンナーなりを横に出すだけで望んだ戦果が得られるんだから、あの条件はそこまで重いものじゃなかったってこと。このへんはやってみてわかった。ヴァルゴの条件は全然重くない。

 

 

という、ヴァルゴすごいよキャンペーン記事でした。カイムとかアリエほど多くのデッキに入るカードじゃないから、これはこれでいいのかもしれないんだけど、それでもアリアン珍獣におけるこいつのカードパワーハンパじゃねえぞ、というところは一つ知っておいて欲しいところです。

 

ちなみに、アリアン珍獣の回し方的な話はかなり需要があることを肌で感じてるんですけど、今の僕の全国対戦のメシの種なので、正直最新のレシピを公開しただけでもちょもすよくやったと褒め称えてほしいくらいのテンションです。あれか。キックスターターでもやるか。100万円集まったら10000文字くらいにまとめたアリアン珍獣の使い方の極意を公開します!みたいな。100万円欲しいよな。俺MoAで50万しかもらえなかったし。そう考えると150万円か。150万円欲しい。

 

 

 

それじゃあまた。