読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

明日使える舞姫アリアンの話+K4昇格しました

 

K4に昇格しました。4ptのケルビムとかいうインチキカードがあったので、僕に限らず今期は景気がよかったですね。

 

いやしかし長かった。Q1の真ん中くらいでくすぶってる時期は本当にくすぶってて、ちょっとやる気出してゲーセン行ってもイベントやらなきゃいけなくて、それで疲れちゃって結局……みたいなのをループしてたんですけど、舞姫アリアンを発見してからはアホみたいにAPが増えるんでやり遂げられました。

 

デッキ

 

マリガンは

先行:リンリン(赤軽減がなくても)

後攻:リンリンor軽減アポロン

あたりを意識しつつ、追い風と突撃の無い手札が点数高めです。カパエルとかも埋まってた方が強いので無い方がいいかな。

 

いやしかしマジで強かった。何で強いかって要素が多いんですよね。

 

【加護】、【秩序の盾】、全体破壊、全体火力、単体火力、単体消滅、大量得点、パンプ。

 

こんだけありゃ何かしら刺さるもんですよ。全部ケアすると攻めきるのも難しいし、守りきるのも難しい。舞姫が入ったあと、アリアンデッキは追い風に依存していたコンボデッキから、ジャンド的なデッキに変化したと思います。実際、狂犬が埋まってアリアンコンボできないことが多いけど、舞姫とかガイアでなんとかなるんですよね。少なくとも珍獣デッキのカテゴリからは外れてるんじゃないかなあ、と思いました。

 

前期から変化したカードはガイアとケルビム。シヴァを抜いてガイアにしたのは、序盤にオールインしてくる緑アグロとかニケバアルが多いので、その辺を楽に処理するため。除去がアリアンよりワンテンポ速いので、そのへんのタイミングでコソドロを狙ってくるデッキに対して非常に有効です。ケルビムは言う必要もない4pt加護。12pt取りつつ加護ミューズを作れるのはインチキ以外の何者でもありません。一回だけアリアンの「よしっ!」(自分のユニットが全員加護持ちだとセリフが変化する)も聞くことができました。ありがとうケルビム。

 

マッチアップ

アリアンの基本的なことは過去の記事に書いてあると思うので、今回は最近のマッチアップについて、書けるポイントをいくつか書いておこうと思います。逆に、もっと基本的なところでわからん!みたいのがあれば、Twitterなり、コメント欄に書いて頂ければ、気が向いた時に書くかもしれません。

 

緑アグロ

基本有利です。ローソンVSデイリーヤマザキくらいのマッチアップです。

 

序盤に決めたい二つの動きがあります。

 

1.1~2Tのアサルトアイテールの返しにリンリン→ウズメでアイテール焼く

2.3T軽減ガイアでリセット

 

この二つはどちらか達成しただけでほぼ勝ちます。序盤を乗り切ればどうやってもこっちの方が有利だからです。

 

これが決まらずに、4Tまで相手に触れない展開は5~6点ライフを失いますが、それでもまだチャンスは十分にあります。どんなに醜い手段を使ってもいいので、ミューズ+相手更地の盤面を作りましょう。残り1点でも緑アグロ側はそこから点が取れなくなるので、後はアリアンでプチプチ潰していけば勝ちです。とにかくこのマッチアップは更地ミューズ(+アリアン)できるかどうかだけなので、それ以外のことはあんまり考えなくていいです。

 

一つ覚えておきたいのは、ミューズが立てられない盤面において、行動権がある状態より行動権の方が無い状態のほうがユニットが生き残りやすいということです。強制防御があるからですね。最悪の場合、強制防御+ランスロットLv2で行動権がない方が100倍良かった、みたいな状態になります。ミューズを立てられないアリアンをする場合、アリアンが殴れるような除去り方を選択するようにするのが吉。

 

黄単

イザナギ+ケルビムのコンボがある前提で、ローソンVSセブンイレブンくらいのマッチアップだと思います。

 

とにかく加護イザナギをサクっと毘沙門できるかどうかにかかってます。ちなみに、加護自体が超きついかというとそういうわけではないです。ソードダンサーくらいなら周りの奴をアリアンで消しながら戦えば、6000を作って上から殴れるのでなんとかなります。加護が2体並んだらおとなしく毘沙門なりガイアなりしましょう。加護1体の盤面では全体除去をこらえて、アリアンで踏ん張るのがポイント。

 

ただし加護イザナギは特例で超強力なので、即毘沙門を狙います。毘沙門できない場合、返しのアリアンでイーブンの盤面にはなりますが、その返しの返しにはアリアンが消滅させられるので、かなりの間膠着することになります。イザナギの場でアリアンミューズを作っても、ミューズ消滅からあっさり大量得点されるので、毘沙門を手札に加える最も効率のいいデッキの回し方を意識しましょう。舞姫回りのミューズ&ウズメでのオーバーライドはもちろん、2枚残りのケルビムの扱いでもデッキの回転率に大きく影響します。

 

トリロス

噛み合うかどうかです。吉野家VS松屋くらいのマッチアップ。

 

このマッチアップに限って言えば、狂犬の採掘がマリガンの手札にあると大きくマイナスポイントになります。対戦相手の名前や“圧”などからトリロスを使ってきそうな気配を感じたら、マリガンに狂犬がある場合即マリガンしましょう。狂犬手札で1~2Tにトリシューラが出てくるとそれだけでゲームエンド級です。

 

基本はジョカケアしつつミューズアリアンの盤面を作っていくことになりますが、緑アグロと違ってトリロスにはフレイミーがあるので、1~2点くらいならミューズの盤面からでも普通に失点します。序盤のライフロスがかなりゲーム展開に響くので、シェイシェイしまくって盤面を制圧するように心がけましょう。トリロス側も序盤にそこまで強い動きはないので、運がよければ無傷でもいけるはず。アサルトフレイルで裏目を引きますが、序盤はリンリン+1伏せの状況が丸め。伏せをケチるとメリィおおきくなるよでゲームセットなので、いらないユニット(毘沙門など)を1枚は刺しておきましょう。場にミューズだけの場合は伏せないのがオススメ。

 

ミューズは重ねないほうが吉。出来るだけ3枚場に出しましょう。

 

舞姫(純正、赤青)

五分くらいでしょうか。例え話はそろそろ何も思いつかないのでやめます。

 

相手の護り手をどれだけ無駄にできるかという対戦です。ガイアや毘沙門に頼らずどれだけ除去できるか、あるいは護り手を相手が引いていない序盤でどれだけリンリンが活躍できるか、そのへんの噛み合いが勝敗を分ける気がします。護り手を2枚以上発動されてると、テンポ負けからじわじわ負けやすいです。

 

が、基本的には成り行きに任せるしかないので、神に祈りつつ適当に除去合戦しましょう。あるとすれば、アリアンを重ねないこと。1試合に3回以上、アリアンを出したいシーンが訪れるはずなので、よっぽどの事故が起きていない限り重ねないことをおすすめします。

 

 

 

某ゴジラ的なブログに影響されて、久しぶりに真面目に攻略っぽいのを書いてみましたが、やっぱ大変ですね。この程度のクオリティでもそこそこ労力を使うのに……みたいなことをちょっと考えました。怒ってる時のブログはそんなに疲れる感じしないんですけどね。やっぱ気持ちに乗って勢いでかけるかどうかってのは重要なんだろうなあ。

 

K4に上がりましたが、大会まではぼちぼち続けていこうと思います。チャンピオンシップに出たい。

 

 

それじゃあまた。