読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

エラッタまでにフルパワーを味わっておきたい冥府エルフ 対ヴァンパイア編

shadowverse シャドウバース

chomosh.hatenablog.com

 

続編です。

 

対ヴァンパイア

f:id:chomosh:20160725112440j:plain

ヴァンパイアもビショップ同様に、エルフ側にとって有利なマッチアップです。なぜなら、相手は復讐をするために一度体力を9以下にする必要がありますが、それはもうどう考えたってリノセウス+自然の導き圏内です。

まず一つ覚えることは、相手の体力を常に11にするのを目標にすることです。こうすることで相手は体力を減らさなければ復讐を発動できません。例えば6PPでは鋭利な一裂き+裁きの悪魔進化で4点回復されたりしますが、それでも体力は13ですし、手札を1枚無駄に使うことになることが多いです。

 

また、こうすることで相手は2枚目以降(あるいは3ターン目に張れなかった1枚目の)漆黒の契約を使えません。ヴァンパイアがロイヤルを相手にしている時なんかは7ターン目に漆黒の契約+黙示録なんて動きも結構あるのですが、エルフにそんなことをするようであればカブトムシ(リノセウス)の激しい出し入れで即死です。エルフで11点止めする意味というのは、相手を殺しきるというよりは「お前が漆黒の契約を打ったら殺す」という意味合いが大きいですね。圧をかけるのが重要です。

 

相手の盤面を可能な限りリノセウスを使わない方法で処理しつつ、相手が隙を見せる、もしくは手札が整ったらリノセウス。ロングゲームになってしまったら冥府への道。こういうプランでヴァンパイアとは戦うことになります。

 

マリガン

デッキを回転させるカードを探す。

  • 収穫祭
  • (下記のカードが手札に2枚ある場合に限り)新たなる運命

 

それと相性の良いカードもキープ基準になる。

  • フェアリーサークル
  • フェアリーウィスパラー

 

出すだけでTwitterに悪口を書かれるのでキープ

  • エンシェントエルフ

 

序盤

f:id:chomosh:20160725113827p:plain

フェアリーを出してチマチマと相手の体力を削っていきましょう。相手は横へ広がるダメージを黙示録しか持っておらず、持っていても6PPのデモンストームがあるくらいなので、しばらくは横に広げて殴っていても大丈夫です。ただし、あくまでリノセウスコンボを決めるために削るので、リノセウスとか自然の導きだとか、そこらへんのパーツを失ってまでやることではないし、収穫祭を止めてまでやることでもありません。

 

発生頻度はそこまで高くないですが、先行4Tにエンシェントエルフで4枚戻して6/7のエンシェントエルフを作れるとそれだけでゲームが終了します。相手のワードローブレイダーでは倒されず、真紅の粛清は最近採用されていないタイプが多いために、ほぼ場に残ります。そうなればもう11点止めとかしゃらくさいことはやめて、次のターンに進化して8点を顔面に押し付けましょう。ユリウスが溺れて死にます。

 

 

中盤

f:id:chomosh:20160725113927p:plain

リノセウスコンボの圧をかけつつ、ちゃんと冥府も狙いにいきます。リノセウスばっかり狙っていると一生守られた上にサタンでジリ貧になったりするので、試合展開とか手札を見て「これは冥府行ったほうがよさそうだな」とか「これは無理やりでもリノねじ込んだほうがよさそうだな」とかは7ターン目くらいで判断したいところです。どちらも狙うのが正しいですが、でかい方針として。

 

エリニュス(5ターン目)とクイーンヴァンパイア(6ターン目)は出されることを前提に動かないと対処に困ることがちょいちょいあるので、そのへんは気をつけて動きましょう。クイーンヴァンパイアの前のターンではフェアリーを3体以上並べる(クイーン進化されてもフォレストバットを倒せる状態)にしておくとか、体力6のエリニュスを倒せるような手札をキープしておくとか、そういうのです。そのへんのフォロワーが場に残ってしまうと普通に負けなので、エンシェントとか回帰でうまくごまかしつつやりましょう。

 

あと7PPのアルカードに4点回復されても大体負けます。9PPで自傷+4点回復は問題ありません。なぜなら9PPもあれば1+1+1+1+リノ+導き+リノで12点削れたりとか、1+1+1+1+1+リノ+リノで13点削れたりするので、火力が間に合うからです。7PPの時点だとこちらの火力不足なので、しっかり11点で止めておきましょう。

 

終盤

f:id:chomosh:20160725113703p:plain

冥府なりリノセウスなりで〆。よっぽど鋭利な一裂きとブラッドウルフを抱えていない限り8点程度のバーストを出すのも相手は難しいので、余裕ぶっこいて冥府置いても大体勝てます。鋭利やウルフを持っていたら序盤でみんな顔面に打ってくるので、火力が溜まってることはそんなにありません。

 

フェアリービーストも相手の戦術に蓋を出来るので強力です。相手は20点削りきるプランを持っていても、27点を削りきるプランを持っていないことがほとんどなので、一回フェアリービーストを出すだけでだいたいサタン頼みになります。

 

 

まとめ

・リノときどき冥府。まれにエンシェントで溺死

 

 

それじゃあまた。