読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

エラッタまでにフルパワーを味わっておきたい冥府エルフ 対ビショップ編

shadowverse シャドウバース

格闘ゲーム界隈でたいへん有名なゴジラインで記事を書きました。

goziline.com

 

ミサイルを自宅に撃ち込まれるのと引き換えとはいえ、感慨深いですね。ゲームをずっとやりながら、たまにブログを更新して生きていたら、知らないうちにすごいことになってきました。僕がこの先どうなってしまうのかは僕にもわかりませんが、シャドウバースが盛り上がっているうちに、今出来ることを一つずつやっていこうと思います。

 

マジレスすると、格闘ゲームを今までやってこなかったカードゲーマーの人たちに、ゴジラインの人々の コンテンツ力サイコパス を知ってほしいと思って、記事を書いています。こちらもどうかよろしくお願いいたします。

 

 

Jの生放送にも出ます。シャドウバースで飛んできた方々は全く興味がないと思いますが、僕の魂のゲームの公式生放送です。シャドウバースやりながらオタクを笑いたい人はぜひ見てください。

 

冥府エルフの話

上のゴジラインの記事でも書いたように、8月のアップデートで収穫祭のPPが2から4になります。「後攻を2ドローにするにあたって冥府エルフが強化されすぎてしまうから弱体化します」というもっともらしいことが書いてありますが、正直僕は、「冥府エルフが強すぎたので弱体化したかったところに、もっともらしい言い訳ができた!ついでに修正してしまえ!」という天の声が聞こえるような気がします。あくまで僕の妄想ですけどね。

 

フルパワーの冥府エルフが使える時間はもうそんなに長くなさそうです。ということで、弱体化前にフルパワーの冥府エルフを体験しておきたい人々に向けて、相手のリーダー別に意識したい冥府エルフの立ち回りを、何回かに分けてお伝えしようと思います。 

 

chomosh.hatenablog.com

 

「今夜わからない」と評判の前回記事と合わせてどうぞ。

 

デッキレシピ

f:id:chomosh:20160721163017p:plain

▲クリックするとポータルに飛びます

 

対ビショップ

f:id:chomosh:20160721165718j:plain

なぜビショップから書くかというと、冥府エルフにとって最も簡単な対戦相手だからです。適当に相手のフォロワーを処理して、場に冥府を2枚以上張って、30枚墓場を貯める。これだけです。強いて言うなら場に冥府を2枚以上張るというのが対ビショップ戦のポイントになるでしょう。なぜ2枚以上張る必要があるかと言えば、

 

⇒エクスキューションで冥府への道破壊

⇒回復しまくって相手のデッキ切れ待ち

 

ビショップはこういうプランが取り得るクラスだからです。というか回復するんですよね。回復するので、冥府1枚だとサタンズサーヴァントを倒せなくなったりとかして、火力不足になる時があります。序盤に適当に張った冥府で相手のエクスキューションの有無もなんとなくわかる上、2枚3枚と張ればまず対処できなくなるので、このマッチアップは必ず2枚以上冥府を張りましょう。

 

ビショップは相手のフォロワーに対応していく受け身のカードが多いので、圧のあるフォロワーは10コストのサタンくらいしかありません。よって、「適当に相手のフォロワーを処理する」という部分がエルフ側としては非常に楽で、有利なマッチアップになっています。

 

マリガン

デッキを回転させるカードを探す。

  • 収穫祭
  • 新たなる運命

 

それと相性の良いカードもキープの基準になる。

  • フェアリーサークル
  • フェアリーウィスパラー

 

序盤

手札の枚数をフェアリーで盛ったり収穫祭でドローしたりします。そのついでに、相手のフォロワーも処理します。基本は手札を盛ることを優先して、無理しない程度にフォロワーを倒すくらいの意識でいきましょう。

 

唯一気を付ける必要があるのは、教会の護り手です。

f:id:chomosh:20160721181857p:plain

2点しか刻んでこないし、対処が面倒くさいから、といった理由で放っておくと、このカードに進化されて対処不能になり詰んでしまうパターンがあります。進化が使えるようになったらフェアリーを進化させてでも迅速に対処しましょう。

 

中盤

序盤に続いてドロー中心で進めます。暇だったら冥府への道でもおいておきましょう。仮に収穫祭も運命も引けていない場合には、常に「山札の一番上が新たなる運命だった時」に最適なプレイをします。具体的に言うと手札を常に7枚にキープします。PPが7余ろうが8余ろうが、フェアリーは場に出さず手札を7枚にキープしてください。

 

根源への回帰がどのタイプのビショップにも激刺さりするので、抱えて置けば盤面で詰むということもないと思います。7PPからは「7枚運命⇒根源引くでしょ!⇒引いた」のパターンがあることも覚えておきましょう。

 

あとは地味な部分ですが、手札8枚の状態でフェアリーサークルを打って墓場を2枚増やしておくなんて動きも余裕があるならしておきたいところです。ほぼ100%冥府で勝つマッチアップなので、コンスタントに墓場は貯めておきましょう。

 

終盤

f:id:chomosh:20160630043410j:plain

サタンを出されても根源、冥府、フェアリービーストで3ターンくらいは戦えるので、サタンを出されても焦らず「お前のアポカリプスデッキより俺の冥府デッキの方がつええ」とか言って余裕かましておきましょう。

 

 

まとめ

  • ビショップはマグロ

 

思いつきで始めたはいいものの、面倒くさがりの僕があと6クラス分も果たして書けるんでしょうか。そのへんは皆さまの反響にかかっている気がするので、ぜひ「最高でした。ちょもすさんの銀行口座にお金だけを振り込む人間になりたいです」とかそういうリプライをお待ちしております。

 

 

それじゃあまた。