読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

レーンで勝つ(とちょっとだけCoJ大阪予選受かった話)

WLWの方々すみません、CoJの話を先に少しだけします。

 

大阪予選の抽選受かりました。ありがとうございます。皆様の声援ありがたさのみです。期待にこたえられるよう頑張ります。

 

ちなみに土曜日です。話を聞いているとなんか予選の中では大阪の土曜日が一番厳しそうです。パッとTL見てもQランク祭りですね。ただまあ、200万を取ろうと思ったら絶対に越えなきゃいけない壁なので、早く当たるか後で当たるかの違いでしかありません。頑張って生き残りたいですね。

 

最近WLWしかやってないんじゃないの、と思われるとシャクなので一応言っておくと、プレイ頻度的にはJ優先でやってます。本当はもっとWLWやりたい。でもやっぱり出るからにはそれなりに準備が必要なので、もくもくと調整中です。

 

ただまあ、それでJの記事をブログに書くかっていわれると、情報をこの時期にバカバカ出すのもアホらしいので、MoA終わるまではWLWの記事ばっかり書いてると思います。すみません。よろしくお願いします。

 

 

レーンで勝ちたい

WLWを最近始めて右レーンに行かされて、対面にAAとかAとか書いてあるオタクプレイヤーが出てきて、1対1でボコボコにされ、拠点も破壊され、申し訳ない気持ちになりごめんなさいチャットを打ち続ける経験って、スタートダッシュ組を除いてほとんどの人が経験しているんじゃないでしょうか。悲しいですよね。

 

それは何から来ているかといえば、ほとんど知識の差から来ていると思います。いまのところ、このゲームに反射神経などは関係がないと僕は思っているので(煮詰まってきたら別)、サンドリヨンを使って対面のサンドリヨンに負けるのは、知識に拠るところがほとんどでしょう。装備差を気にする人もいますが、正直そんなものより知識差の方が100倍重要です。

 

正しい知識を身につけてそれを実践できれば、Aランクと互角に戦えて、あわよくば倒せるゲームです。勉強ゲーなので、情報をたくさん漁ってたくさん仕込みましょう。

 

レーンでの勝ちとはなんぞや

レーンでの勝ちってなんでしょうか。これは別に決まっていないことですが、僕は先に拠点を一つ破壊することだと思っています。後は敵のキャストがかけつけて2v1になった時も勝ってるな~となんとなく思います。なんというか要するに、押し込めればいいわけです。

 

押し込んでいる状態っていうのは、兵士のラインが高い状態だと思います。兵士のラインが高ければ高いほど、相手の拠点へプレッシャーをかけることができるからです。

 

押し込むには

じゃあ、兵士を押し込むにはどうしたらいいかというと、相手の兵士を倒して、味方の兵士を倒されないことです。そうすることによって、兵士のラインは上がっていくと言えます。

 

そこで真っ先にするべきは何かというと、実は敵の兵士を倒すことではなくて、敵のキャストの邪魔をすることなんですね。なぜなら、同じレーンにいてお互いに兵士を倒しあっていては、お互いに兵士のラインが上がらないからです。

 

具体的には敵キャストのダウンを取るべきです。敵キャストのダウンを取ることができれば、そのダウンしている間、自分は自由に敵兵士を倒すことができますし、敵キャストが味方兵士を倒すことはありません。このゲームのダウン時間は結構長いので、ドローショット一発分くらいの猶予は楽にあります。敵キャストをダウンさせて、兵士を押し込む。ここが重要です。

 

ダウンさせるには

で、ここからはサンドリヨンで、もっと言えば左右のレーンに行った時の話になりますが、他キャストとか他の状況でも適当に応用できると思います。

 

サンドリヨンで相手のキャストのダウンを取るにはドローショットを当てる必要があります。ということは、ドローショットを敵キャストに当てる方法を学ばないといけません。

 

もうずばり結論から行きます。ドローショットを当てる方法は、相手のドローショット開始予測地点を予想して、そこに先にドローショットを打ち込むこと、です。

ドローショット開始予測地点というのは、相手がドローショットを打つために止まる場所のことを指しています。ドローショット打つ時ってキャスト止まりますよね。そこを狙うわけです。

 

f:id:chomosh:20150312010511p:plain

 

例えばこれは公式動画の1シーンですが、手前は猿じゃなくてサンドリヨンだと思ってください。相手のサンドリヨンは左から右に移動中で、ドローショットをこちらの兵士に打たないと兵士を押し込まれてしまう、今すぐにでもドローショットを打ちたいという状況ですが、次にどのあたりでドローショットを打つと思いますか?

 

 

予測してドローを打つ

f:id:chomosh:20150312010821p:plain

 

これはあくまで僕の経験則でしかないんですが、大体赤丸のあたりで兵士を処理するドローショットを打つ人が多いです。それが何故かというとおそらく、あのあたりが兵士を処理するドローショットをもっとも気持ちよく打てるポイントだからです。真ん中から兵士を処理するドローを打つと、一回右にいってから左、という風に書かざるを得なくて、兵士にあまり当たらないんですね。効率が悪い。その点赤丸のあたりで打つと、直線から直角に引けば綺麗に兵士に当たるので、効率がいいんですね。だからそこで打つ人が多いんだと思います。

 

ということで、それがわかっているならそこを狙って、赤線を引いた感じにドローを打つと、サンドリヨンのドローの弾速と範囲なら大体あたります。こちらに向かってドローを引いてくる人もいるので、相手がドローのモーションに入ったら、即座に後ろに緊急回避を入れれば完璧です。先にドローを打って先に回避をすれば、相手にだけドローショットが当たって、こちらはドローショットを食らわない、という寸法です。

 

先にドローショットを打ち込むというのは重要です。レーンでのドロー相打ちは意味がないので、出来るだけ一方的に当てる必要がありますよね。先にドローショットを発生させることができれば、それは先に回避が出来るということなので、一方的にドローショットを当てる確率が高まります。ドローショットは先に打ったもん勝ちです。相手としては、どこに飛んでくるのかわからないドローショットを避けながら動く必要に迫られるので、安全に行くならば、相手のドローショットが発生した瞬間に後ろ、ドローショットの射程外に逃げるしかありません。もしずっとそういう対応をするのであれば、こっちはドローを打つだけで兵士を押し込み放題というわけです。当たらなくてもいいから、という感じで相手の動きを予測して先にドローを打ってしまう行為がかなり強いんですね。

 

 

もっとも

これは“知らない人”を前提とした話であって、この事実に気づいている強いプレイヤーは一筋縄ではいかなかったりします。が、こういうところから読み合いが発生する、ということは理解しておいて損はないでしょう。この知識を知らない人に対しては、一方的にドローショットをバシバシ当てられることと思います。

 

 

やばい

次はクリスタルスラッシュの避け方の話とかしようと思ったらもう2700文字とかになっててアレなんで次の機会に持ち越します。WLWは色々新鮮な気持ちでかけていいですね。めっちゃ楽しく書けます。すばらしい。

 

ということで今日はここまでです。参考になった人は次回もお楽しみに。

 

それじゃあまた。