読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

喋れたり書けたりするゲーマーは不足気味だという話

www.sengoku-taisen.com

 

最近戦国大戦がこういう企画をやっててTLで軽く話題になってたんですよ。ちょっとびっくりはしたんですけど、でも最近ゲーム界隈でこういう動き流行ってるなあと気づいたんです。

 

www.negitaku.org

 

ちょっと前にはこんなのがあったり、

 

mtg-jp.com

 

こんなのもありました。僕の観測する界隈ですらこれだけおんなじような企画が3つも立ち上がるわけですから、それには何か理由があるはず、ということでちょっと考えてみました。

 

喋れるオタクは少ない

もうずばり結論から言うと、ゲーム界隈で「喋れる」人が思いのほか少ないんだと思います。ゲームをうまくプレイできる人はかなりいるんですけど、それをうまく実況したりうまく解説できたりする人って、あんまりいないんですね。

 

例えば、セガの色々なアーケードゲームのニコニコ生放送によく花田 勝氏が出て、やれ社員だやれ癒着だと冗談で言われたり言われなかったりしますけど、あれって単純に他にそういう人材がいなさすぎることからきてるんだと思うんですね。実際、縁あってそのへんの人達の話を聞くこともあるんですけど、皆口をそろえて「ゲームオタクは喋れる奴がいない」ということを言うので、ここは僕の思い込みではなく事実なのかなあ、と思います。

 

書けるオタクも少ない

これはもう僕の経験とかそういうのがかなり入るんですけど、書ける奴も本当に少ないと思います。ゲームに限らないインターネット上の様々な文章を読んでいると、ときどき自分のブログの文章は本当にクソだなみたいに思うことがあるんですけど、そんな僕でもゲーム系の記事を書けばそこそこのPVがあって、そこそこ持て囃されて、縁あって雑誌の記事をお願いされたりするんだから、ゲーム界隈での「読める文章」の供給不足は深刻なのかな、と考えるわけです。

 

実際それで結構おいしい思いが出来ていたりするので、これ以上文章のうまいオタクが増えるとパンチで倒しに行く必要が出てくるんですが、この話は関係ないのでやめることにします。

 

SNSリテラシー的なアレ

もう少し踏み込んだ話をすると、ただ喋るだけだったりただ書くだけだったりするなら、人材自体はそこそこいるんだと思います。しかしながら注意しなきゃいけないことは、公式の場で書いたり喋ったりする場合に求められる能力がもう一つあるということです。

 

それが「SNSにおける立ち振る舞い的なアレ」です。めっちゃぼやかした表現ですけど、具体的にどうってわけでもないからこう書くしかありませんでした。SNS上で何がセーフで何がアウトかを判断する能力とでも言うんでしょうか。いや僕もそのへんはよくわかんないから今だって手探りで、これはやっちまったな~と思うことはいっぱいありますよ。それでも色んな所で使っていただけるのは本当に感謝でありがたいことだなと思うんですけど。

 

ゲーム界隈における人材不足を正確に表現するなら、「喋れて(書けて)、SNSのリテラシーがある奴がいない」という言い方ができるかもしれません。例えばあの某アルカナキングだって某雑誌で環境をアナライズしてたわけですが、内容自体はしっかりと読めるものだったと思います。かのブログだって賛否両論はあれど、評価している人はたくさんいたわけですよ。じゃあなんでそれがあんなことになっちゃったかと言えば、個人の生放送で非公開情報をポロっと喋っちゃったり、多くの敵を作りそうな立ち振る舞いをしてしまったことに問題があったわけですね。

 

というかもうTwitterですね。Twitter。ある人がよく「Twitterがなんもかんも悪いよ」とよく口にするんですが、ゲームとTwitterはもう切っても切り離せないモノになってしまったわけです。解説する、記事を書く、実際にゲームで対戦する。全部表現の一種です。そして表現する人達は、必然的にTwitterでの立ち回りも重要になってしまったのが今の世の中です、みたいなことですね。そういう意味で、Twitter流行以前の喋ったり書いたりする人よりも、表現する人達のハードル自体はちょっと上がってしまってるのかな、とは思います。

 

多分、自己顕示欲的なものとか、愚痴的なものとか、そういうのをシチュエーションに応じて我慢するとかそれだけのことなんだと思うんですけど、それが結構難しいんですよね。僕も結構面白さとかネタ感みたいなところに走ってやりすぎることがあるのでわかるんですけど。

 

ゲームに限らず、今表舞台に立つ人達(表現する人達)に求められるSNSの立ち回りって求められるハードルが大分上がったと感じます。子供の頃からインターネットでかなりやらかしてきた人達だったり、考えが及ぶ頭のいい人達からするとそこまで高いハードルじゃないと思いますけど、今からやらかして覚える人達にとってはかなり高いハードルなのかな、と。

 

最近色々公式なところに呼ばれたりしちゃってるので、僕が言うとなんかこう上から目線というかドヤ顔な印象になっちゃうのはもう重々承知なんですけど、最近の考えた事の中で一番納得のいく話になったので、思わず書いてしまいました。

 

全然的外れな可能性もあるので、意味不明なコメントでない(例:一騎打ちちょもす!)ご意見をお待ちしております。

 

 

それじゃあまた。