chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

明日、紫デッキにわからん殺しされないために

CSの感想とか書こうと思ってたら新Verが稼動してしまったのでそれどころではなくなってしまいました。ちょもすです。

 

CoJSめっちゃ面白いですね。全てが変わったし、捨て札の位置も変わってるから間違えてカードを3回くらい捨てましたが、それも今なら笑って過ごせます。とにかく色んなことを知りたいと思うゲームです。

 

一日目は紫を中心に触りました。超面白い。でも超むずかしい。

 

BP算数とコスト算数でただでさえ難しかったCoJに、紫ゲージ算数まで加わるからもうすごい。俺は6+4とかよくわからないタイプの人間なのでなんとなく「すげーBPになるからいけるだろ」とか「これじゃ足りなさそう」とかそんな感じでやってました。が、そのせいで結構負けました。紫は算数のプロフェッショナル向けのカラーリングだと思います。

 

 

明日紫デッキにわからん殺しされないために

ということで、今日紫デッキを使っていてわかったことがいくつかあるので、紫にわからん殺しされないためのポイントを共有しておこうと思います。あくまで一日目にわかったことなのでそれはあんまり深さはないです。それでも、浅瀬ながら明日の試合には役に立つと思います。

 

 

ダークプリズンに気をつけろ

f:id:chomosh:20160527005904j:plain

© SEGA

 

断言します。このカードは屋田カードです。むっくカードではありません。なぜか0CPでトリガーを1枚破壊してくる上、紫ゲージが3あると2枚破壊してくるすごい奴です。狂犬の採掘もそうでしたが、このお面をしてる奴はすごいみたいな設定でもあるんでしょうか。

 

紫と戦う時、「紫ゲージ相手まだ1個しかないし2枚伏せても大丈夫でしょw」みたいな安易な考えでカードを二枚伏せるのは絶対やめましょう。ペンダント×2ももちろんそうですし、アザゼルパンチ+ペンダントなんかもそうですし、イフリートでもクロエでもペンダントが一枚絡めば簡単に紫ゲージは+2します。逆に言うと、+3は結構きついです。

 

つまり、定石として押さえておきたいのは、「紫相手には基本的に2枚以上伏せカードをセットしない」、もう少し掘り下げれば「紫ゲージ0の相手には2枚以上伏せてもそんなに裏目はないが、紫ゲージ1の相手に2枚以上伏せるのはナシ」くらいでしょうか。更に言えば死壊石みたいな同じタイミングの奴だとペンダントの後に優先権が来るから~みたいな話がありますが、そういうオタクの話はオタクに任せることにしましょう。

 

とにかく紫を相手にした時は2枚以上伏せないことです。必ず損します。どうしても伏せたい時は相手の紫ゲージが1の時を狙いましょう。伏せざるを得ないデッキを使っている方はご愁傷さまです。デッキを変えましょう。

 

序盤で点を取られるな

f:id:chomosh:20160527010642j:plain

© SEGA

 

魔天ルシファーもかなり屋田カードよりのむっくカードです。紫ゲージさえあれば色んな場面から超打点を叩き出します。

 

自分が相手の陣地にウィルスを置けないようなデッキを使っている場合、序盤に2点取られたらかなり劣勢であると認識しましょう。ルシファーは多くの盤面から4~5点を叩き出します。

 

特に気をつけるのがガイアやゼウスでの盤面リセットです。紫使いはリセットされると内心ガッツポーズしています。何故ならルシファー+1コスト×nで返しに4~5点簡単に得点できるからです。

 

パイモンが複数並んでしまった時など、リセットせざるを得ない場面はあると思いますが、「リセットしてもいいけどしなくてもいい」盤面の時はリセットしないことをおすすめします。アリアン系のデッキに入っていた突撃の合図は皆さん警戒していたと思いますが、こいつは追い風を必要としない5点突撃です。少なくともリセット後はユニットで殴らないようにしましょう。紫側に要求されるもの(紫ゲージだったりBPラインだったり)が増えます。それでも上から殴られる時は殴られますが、立てないよりは10000000倍マシです。

 

ペンダントをカウントする

1CP以下で紫ゲージを自分のターン中に手札から増やすことが出来るのは、魔性のペンダントだけです。軽減クロエもありますが、こちらは紫ゲージが1以下の時にしか増やすことができません。ムーンリターナーかぐやとパープルバニーはこのゲームに存在しないカードなので無視します。

 

相手のペンダントをカウントすることで、相手の2つ溜まっている紫ゲージが次のターン何個まで跳ね上がるのかを予測することができます。場に紫ゲージを増加させるユニットがいないことを確認した上で、相手のペンダントの枚数を把握できていれば、「次のターン相手がルシファーで2体出すのは相当苦しいはず」といった情報がわかるはずです。ペンダントが3枚見えていて紫ゲージが5でなかったりするならば、それは相当紫側が苦しい状況であることは覚えておきましょう。

 

 

 

今日のところは以上です。

 

ほんとうにSはめちゃくちゃ面白いです。これは癒着でもなんでもなく、想像より新鮮味に溢れていたし、想像よりもはちゃめちゃなゲームだったからです。少なくともこのブログを読んでる人は絶対やりましょう。一週間後はまたかなり違った様相になっているはずなので、やるなら今です。

 

明日は廃プレイできなさそうなので、廃プレイした人達が何か気づいたこととか思ったことを発信してくれるのを期待しつつ。

 

それじゃあまた。

広告を非表示にする