読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

シャドウバースでスタートダッシュを決めるための話 デッキ編

シャドウバース shadowverse

 

ついにきましたね。年明けにリリースかと思っていたら冬リリースになり、と思えば今春リリース予定になり、世間は気づけばGWで、GWのニコ生で「GW明けに情報を発表します!」と言ったかと思えば、明けに発表したのは「週末に次なる展開を発表します!」という告知の告知だったり、はやくシャドウバースをやらせろ以外の何の感想もない待機期間でしたが、ようやくプレイできるようになるみたいです。今はとにかくめでたい。

 

クローズドβテストももう大分昔のことになってしまったので記憶もあやふやですが、クローズドβテスト自体は結構プレイしました。ので、いくばくか皆様にお伝えできることがあります。今回は、せめてこのブログを読んでくれている人くらいには、勝率を50%以上にしてもらいたいという思いと、グーグルアドセンスで小遣いをせしめようという思いとその他諸々から、シャドウバースでスタートダッシュを切るためのいくつかのポイントをお伝えしようと思います。

 

 

f:id:chomosh:20160614000450p:plain

大富豪をやると連絡を頂いてクソほど練習したのに放置されていたので、怒って大富豪Onlineという名前でプレイしていました。最終的には一桁に落ち着きましたが、回数ランキングなのであまり大きな意味はありません。

 

第二次クローズドβテストの環境

金曜日のリリースを語る上でまず押さえておきたいのは、第二次クローズドβテストの環境です。はっきりと申しますと、「威光ロイヤル」というデッキが極めて強力でした。

f:id:chomosh:20160614001929p:plain

▲リリース時には強烈な弱体化を受けるようですが、とにかく“すごい”カードでした。

 

この騎士王の威光というカードは、CoJなら一度打てば永続で効果が残る突撃の合図、HSなら隠密を持ったウォーソングの武将(nerf前)、野球ならシャブをキメた清原です。非常に強力であることがわかったことでしょう。とにかく“やべえ”カードでした。

 

 そのほかには、「HSと違いお前の顔面には数字がたったの20しか書かれていない」と言わんばかりの各種アグロデッキも強力でした。よほど重速のデッキ同士にならない限り6~7ターン目に大勢がついていたのが、第二次クローズドベータのシャドウバースの環境だったと思います。

 

大幅に弱体化を食らった序盤のカード達から読み取れること

wiki.denfaminicogamer.jp

 

さて来たる金曜日もそういうアグロ祭りになるかと言えば、どうもそうはさせたくないようで、第二次クローズドベータに使われた多くのカードが修正を食らっています。掻い摘んで説明すれば、

 

  • 序盤~中盤の攻撃的だったユニットが攻撃的ではなくなっていたり、弱体化を食らっている
  • 飛びぬけて強力だったカード達の修正
  • 本当に意味があるのかよくわからないドラゴン達のスタッツ修正

 

こんな感じになるでしょうか。なんとなく、

「無課金アグロがある程度以上強いと儲からないわ使えないカード(8コスト以上のカード)も多いわでよくないから、環境を遅くしよう」

というCygamesの意思を感じなくもないですね。実際良い修正だと思います。とてもじゃありませんが、第二次クローズドベータの環境で8コストのカードは使おうと思えませんでしたから。

 

ということで、第二次クローズドベータテストは大勢が決するターンが6~7ターンくらいでしたが、金曜日のリリースでは7~8ターンくらいになるのではないかと僕は予想しています。

 

じゃあ、どんなデッキを使えばいいのか

ずばり、僕が稼動当初に組もうと思っているデッキは二つです。 

 

一つ目は、「超越ウィッチ」です。環境が遅くなるということは、ある程度ゆっくり僕の考えた最強コンボを作れるということ。第一次ベータから第二次ベータ移行時に次元の超越が弱体化を食らいましたが、ここにきてまた超越ウィッチの出番かもしれません。

 

≪次元の超越≫は「追加ターンを行う」というシンプルなテキストかつTCGプレイヤーが興奮する一枚。ただし18コスト。これをスペルブーストを利用していかにしてプレイするか、そこからいかに1ターンキルするかというのがこのデッキのコンセプトです。

 

超越ウィッチレシピ

f:id:chomosh:20160614005740p:plain

 ▲魔導の力場という、クローズドの時にはいなかった怪しい爺が増えていることもポイント。スノーマン+魔導の力場コンボは、ある。

 

二つめは、「ミッドレンジヴァンパイア」です。

色々と弱体化の影響は受けていますが、ロイヤルほどではありません。たくさんドローしてデメリット付きの強力なフォロワー(クリーチャー、ユニット)を出して、最後はたくさん疾走で走るというコンセプトがかなり僕好みなので、これは強いとか弱いとかいうより僕が組もうと思っているデッキです。

相手の手札の火力を予想して、自分の体力をギリギリまで削って戦うのがまた面白いんですよ。

 

ミッドレンジヴァンパイアレシピ

f:id:chomosh:20160614011737p:plain

▲ソウルディーラーの圧に震えろ。

 

 

と、デッキレシピを貼ったところで今回はここまで。超越ウィッチを抑えておけば安定だと僕は思っているんですが、蓋を開けてみれば超越ウィッチが間に合わない環境だったらごめんなさい。

 

近いうちにゲームシステムだとかプレイだとか関する話も書こうと思います。

 

それじゃあまた。