chomoshのブログ

だいたいゲームのこと。

『勇者杯2018秋』の見どころは《ブラッドレディ》です

ちょもすです。

 

明日は『勇者杯2018秋』です。

 

www.dragonquest.jp

 

春、夏に続いて引き続き解説させて頂くのでよろしくお願い致します。

 

今回は最近DQRがご無沙汰な人でも観戦が楽しめるように、明日の大会の要点をまとめてみました。内容については、人格は破綻しているものの実力には定評のあるトシくんにざっくり監修してもらったので多分大丈夫です。それではどうぞ。

 

明日の『勇者杯・秋』のみどころ 

例えば『League of Legends』で《ねこばば》が強すぎたとき、それを揶揄して一部で『League of ねこばば』なんて呼び方をされたことがありましたよね。『STREET FIGHTER V ARCADE EDITION』で《アビゲイル》が無法の強さだったとき、『アビゲイルエディション』なんて呼び方が一部でなされたりしていたこともありました。

 

ところで、《ねこばば》だったり《アビゲイル》にあたるカードは今の『ドラゴンクエストライバルズ』にあるんでしょうか。

 

あります。

 

《ブラッドレディ》です。

f:id:chomosh:20181019213742p:plain

今までのDQRが「牛丼に乗せる最強の具は生姜か、卵か、ネギか」といった次元で戦っていたとすれば、《ブラッドレディ》は牛丼屋に突如現れた「牛丼一杯無料」です。

 

現環境を語る上でこのカードの存在は切っても切り離せません。というのも、明日の予選で見ることのできるデッキタイプはたくさんあると思いますが、多くのデッキにこの《ブラッドレディ》は入っているでしょうし、もう一歩進んだところで言えば、この《ブラッドレディ》に倒されることのない、2~3コスト帯のHP4のユニットを多くみることになると思います。

 

そして《オルゴ・デミーラ》。

f:id:chomosh:20181019215138p:plain

このカードも《ブラッドレディ》に並んで無法です。《ブラッドレディ》が入店した時牛丼一杯無料なら、《オルゴ・デミーラ》は牛丼を食べると牛丼一杯無料です。このゲーム牛丼しか食わない。

 

でもこの二枚だけは本当に別格です。平和なライバルズ世界にやってきた黒船です。今強いとされているデッキの暗黙の共通項としてあるのは、《ブラッドレディ》と《オルゴ・デミーラ》を強く使うことができるデッキかつ、《ブラッドレディ》と《オルゴ・デミーラ》の影響を最小限に抑えられるデッキです。

 

氷塊ゼシカの《フロストギズモ》と《とつげきこぞう》、アグロアリーナの《どくろあらい》なんかは対後攻《ブラッドレディ》の最たるものですし、最近採用が急増している《マミー》は、《オルゴ・デミーラ》を止めるためのテクニックです。

 

明日も試合の焦点がこの二枚に当てられることは多いと思います。「後攻」と「ブラッドレディ」と「クソ」のみで僕が解説する試合もあるでしょう。でもだからといって、当日参加するプレイヤー側が何もできないわけではありません。

 

例えば、《ブラッドレディ》に枠を割いている都合上、DQRの定番カードと言ってもよかった《ジャガーメイジ》はその数を減らしています。

f:id:chomosh:20181019222215p:plain

こうした影響からこの大会の“抜け穴”はあるんじゃないかと思っていて、例えば《ジャガーメイジ》に極端に弱いがポテンシャルはあった《スライムアリーナ》なんかは、8回戦を回し切る根性さえあれば、存外いけるデッキだったりするんじゃないでしょうか。

 

《ブラッドレディ》と《オルゴ・デミーラ》を正しく処理する能力も大事なら、普段とは少し角度を変えたデッキが他を圧倒する可能性もあります。正直その可能性は過去の大会の傾向からも高いと思っていて、新たな「アンチオルゴ」・「アンチブラッド」のアプローチが現れることに期待しています。

 

とにもかくにも《ブラッドレディ》と《オルゴ・デミーラ》。明日はこの二枚が出た時にコメントしておけば間違いありません。エアプでももりもりコメントしていきましょう。

 

明日はよろしくお願い致します。

 

それじゃあまた。

 

(C)2017, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C)SUGIYAMA KOBO

無給

ちょもすです。

 

昨日のラジオ

www.youtube.com


 

先先週末は大阪に行って、先週末は名古屋に行ったりしてバタバタしてて、ブログを立派にさぼっていました。すいません。そろそろ11月になっちゃいますね。色々書かないといけないんですけどちょっとだけお待ちください。

 

名古屋には某カードゲームの何某に、普段『League of Legends』を一緒に遊ぶ知り合いに誘われて遊びに行ってたんですけど、一戦目にいきなり昔のバイト先の上司(古のプロツアーチャンピオン)が現れて心が死にました。

 

ちょっと近所のプールに遊びに行ったら元オリンピック選手と並走させられるみたいな仕打ち。あまりに素晴らしいでしょ。こともあろうに運のみであっさり勝っちゃったりして、なおのことこのゲームは素晴らしいなあと思いました。素晴らしさしかない。いやいい意味で。本当に。

 

無給

全然関係ない話として、僕『League of Legends』を遊ぶうえでUGさんの配信とか動画とかちょいちょい見てたんですよ。がっつりファンボってほどではないんですけど、世界大会とか本家見てても半分以下しか内容聞き取れないし、だったらこっちで見るのもいいか、みたいな感じで。

 

で、最近給料未払いみたいな話が出てたじゃないですか。ファッキン無給。給料未払いありえねえ、PGM許せねえ、TwitchJP許せねえ、みたいに義憤に駆られてる人がいっぱいいてそれ自体は自然な流れだし当然だと思うんですけど、僕の中では、ゲーム界隈で給料が支払われないことって正直なところ“まあまあある”くらいの認識なんですね。

 

おそらく皆さんパッと名前を思い浮かべるような大きい会社では一切起きないんですけど、皆さんが名前を聞いて「あ~聞いたことある」くらいの会社は、出演料の請求書出して放置してると振り込まれてないことがそれなりにあるし、気づいて連絡しても音沙汰なしのパターンもごくまれにある。もちろんちゃんとした会社がほとんどなのは言うまでもないんだけど。

 

これ何も僕個人が「あのクソ雑魚メガネオタクなら舐めても大丈夫でしょw」みたいな感じで舐められてるとかそういう話じゃないっぽくて、近しい立場の人から話を聞いてても「やっぱりあの会社、全然振り込んでくれないですよね!?」みたいな意気投合をすることが結構ある。だから実は元からそういうことあるんだよ、ということを頭の片隅にでも入れておいてほしい。

 

常態化してるから許されるとかでは断じてない。ただ、「ああそういうことが起きうる世界なんだ。」ってことは知っておいてほしい。何も知らない10代に「この業界は素晴らしいんです!」みたいなこと言ってる奴を正確に見定めるために。

 

それが今までなんで表になってこなかったかと言えば、お金を払う側が一方的に選ぶ立場だったからだし、出る方が一方的に選ばれる側だったから。あるいは今でもそうかもしれないけど、揉め事を起こせる立場じゃないからなんだよね。その場一回の関係ならなおのこと、ただ一回の出演料のために根性入れてコストを割いて、問題提起するのか、戦うのかという話もあるし。

 

それがここにきてYoutuberとかストリーマーとかが自走しだして立場が強くなってきて、ゲーム系の会社なりもたくさん増えたから、この手の問題が明らかになりやすくなった。そういう変化が今起きてるんだと思う。

 

その流れを真に加速させてクソ会社を破壊したいと思うなら、コンテンツを成立させてる個人に対して、記事なり配信なり、惜しみなくお金を投げて力を与えるべきだと思う。じゃないとそういういい加減なクソ会社はいつまでも蔓延して、皆の大好きなあの人やその人が、無限の事務作業と戦うことになり続けるんじゃないでしょうか。

 

 

 

それじゃあまた。 

勝て、DFM。

ちょもすです。

 

www.twitch.tv


 

僕はね、今あまりにも悔しい。何が悔しいって、DFMがC9に勝ちそうだったんだよ。あのDetonation FocusMeが、あのCloud9に勝ちそうだったんだよ。インヒビター2個壊すところまで行ったんだよ。あとちょっと、あとほんのちょっとだけ先に進めれば、あのC9に勝てたんだよ。でも進めなかった。負けてしまった。そのことが、本当に悔しい。

 

なんのこっちゃわからない人に説明するとね。『League of Legends』の世界大会で、日本のチームがアメリカのすげえチームに勝ちそうだったんですよ。

 

世界大会における日本の立ち位置って、なんというか「あってもなくても同じ」とか、「負けたら恥ずかしい」とか、そういう立ち位置だったんですよ。他の国にとって。正直本当に弱かったから、他の国と比べるとかじゃなかったんですよ。

 

公式の英語の紹介文だって日本の紹介はいつだってやたら簡素なんですよ。ライターの「日本、興味ねえ……」って気持ちが文字を通り越して伝わってくるくらい簡素なんですよ。今回はどっちが勝つかってアナリストが予想したって、誰も日本のチームが勝つことを予想しないんですよ。

 

国内のプレイヤーだってそういう感じだったんですよ。「はいはいどうせまた世界に通用しない日本のクソ雑魚チームが負けるんでしょ」って思ってた人は少なくなかったと思う。それくらい日本のチームは毎回世界大会に出続けて、やられ続けてたんですよ。

 

その日本のDFMがね、North Americaの名門チームに勝ちそうだったんですよ。本当に後一歩だった。他人のゲームの試合を見ててこんなに悔しくなったこと、感情が動かされたこと、今までになかった。それくらい惜しかったんだよ。勝ってほしかった。だから本当に悔しくて、お酒を買いにいくコンビニに歩く道すがらちょっと泣いちゃったんだけどさ。

 

いやね、正直な話をするよ。別に僕はDFMのファンボでもなんでもない。S2の頃のFM(Focus meがDetonationになる前)の激しさ凄かったし、kazu様のタイダルウェーブもすげえし、心の底から応援してるとかでははっきりいって全然ない。全然ないんだけど、日本のチームがC9に手が届きそうってその事実は、そんな感情を全部ひっくり返して、本当に嬉しくて、すごく興奮した。

 

僕がはじめた頃ってやれHotshotGGがすげえだのそういう時代で、その後にM5が出てきてNAのチームが破壊されまくってやべえってなってた頃で、eyesさんがニコ生でカスタム作ってた頃。じゃあその頃のプロシーンがどうだったかって、少なくとも雲の上の世界だったんですよ。あまりに関係ない世界というか、画面の向こう側の世界だった。その世界に日本人が届くなんて、思いもしなかった。

 

それが今やね。気づいたら日本のDFMがC9に手が届きそうなんですよ。DFMが画面の向こう側の存在には変わりはないけれど、「JPN>>>>>>>>>>>>>>>>>>>NA」って僕がTwitchのコメント欄にチャットするあと一歩のところまで行ったんですよ。そんなことありえますか。僕が生きてるうちにそんなことあると思わなかったんだよ。

 

jp.automaton.am

 

KBMがそうじゃないのはきっとそうなんだけど、クソみたいに煽りちらかしてくるブラジルのチームに今まで負け続けてきたところ今回は見事にぶっ倒して、凄く嬉しくて、更にはあのC9にもちょっと手が届きそうだったんだよ。TGSのブースの特大ポスターになってたあのSneakyに、手が届きそうだったんだよ。

 

f:id:chomosh:20181001224000j:plain

 

こんな悔しいことがあるかよ。これTGSの写真を持ってきたんだけどさ、日本の幕張メッセでやるイベントで、ポスターがSneakyとDoubleLiftなんだよ。二人ともすげえプレイヤーだしファンもそりゃ多いだろうけども、僕は悔しかったんですよ。ここでNAのプレイヤー二人がポスターになってしまうことに。KRでもJPでもない、NAのプレイヤーがここにでかでかと載ってしまうことが本当に悔しかった。ときどさんが載っても、Eviさんが載らないんだよ。

 

だから勝って欲しかったんだよ。Eviさんに、Stealさんに、Cerosさんに、Vividさんに、Yutaponさんに、勝って欲しかった。Sneaky大したことねえじゃねえか、ただのコスプレおじさんじゃねえかって、言って欲しかったんだよ。クソったれなデバイスメーカーに、存在感を発揮してほしかった。でもダメだった。だからもう本当に悔しくて。

 

勝ってほしかったんだよ。僕が戦ってるわけじゃないのにこんなに悔しい出来事があるなんて思いもしなかった。本当に悔しい。本当にあとちょっとだったんだよ。もう少しだった。そこまで辿りつけたことに喜ぶべきなのかもしれないけれど、でも僕は勝って欲しかったんだ。

 

まだ終わったわけじゃないから今後の試合も見続ける。だから勝ってほしい。今までLoLのプロシーンなんか正直どうでもいいとか思っていたけど、今回だけは本気で応援するから、KaBuM!を、Cloud9を、破壊してほしい。いい試合だったから良かった、なんて言わない。世界を見返してほしい。勝て、DFM。

 

……そんな今最も熱いゲームである『League of Legends』をやったことないこのブログの読者は今すぐ車に轢かれて死ぬか、ゲームをインストールしてほしい。すげえゲームなんだよ。自分一人で遊ぶとクソゲー極まりないんだけど、プロシーンはすげえんだよ。ルールがわかるまででいいから、遊んでほしい。その上でプロシーンを見てほしい。今すごい奴らがすごいことをやってるんだよ。本当に。日本のプロが頑張ってるんだよ。すごいことが起きてるんだよ。だから見て欲しい。日本の代表がもっと応援されてほしいと、僕は切に願います。

 

負けるなDFM。

 

それじゃあまた。

 

麻痺矢のトラウマ

ちょもすです。

 

昨日はKING SUPER LIVE 2018のために上京してきたオタクと飯を食うために水道橋まで行ったんですが、ちょっと遅れて行ったら地獄のような光景が広がってて目的の飯屋にいくのに20分くらいかかりました。地下鉄の駅から上がったらそれはもう楽しそうなオタクの集団が海のように広がっていて、「俺は別に今楽しくねえんだが……信号渡れねえし……」という気持ちでいっぱいになり、飯屋につく頃には疲労困憊してました。広がりゆく海。あんたの土地は島。

 

話を聞けばPritsが出てきたという話になり、シスタープリンセスにはじまりもっちーのカーセックスに終わった青春を過ごした僕としては、ただただ「すげえイベントだな……」という感想になった。ライブとか全く行かない人生を過ごしてきたけど、さすがにそこだけはちょっと見たかったよなあ。

 

麻痺矢のトラウマ

ちょっと前にも行ったけど、今月のDQRのランクマは一位のプレイヤーが次回の全国大会に招待される。だからいつにも増してみんな本気でやりこんでるんだけど、今は誰が一位なんだろうな~と思ってランキング開いたら、

 

f:id:chomosh:20180925182247j:plain

 

「うっうわ~~~麻痺矢呂蒙!!!」ってなった。ワラも連環の計も意味ないから一生タコられてた記憶しかない。ちょっと調べたら本人っぽくて更に笑ってしまった。

 

何がなんだかわかんない人に説明すると、このもりもりすさんという方は僕のやってた三国志大戦3のときにすごく強かった人で、その特徴的な名前と特徴的なデッキが印象的だった人。氏の使うデッキと僕の使うデッキの相性がことごとく最悪で、僕はPTSD寸前まで追いこまれてました。

 

最終的な順位はともかく上位争いに食い込むであろうことは間違いないので、経過を見守りたいと思います。勇者もりもりす、誕生してしまうんだろうか。めっちゃ語呂がいい。そしたらすげえなあ。

 

 

それじゃあまた。

生命の危機

ちょもすです。

 

めちゃくちゃ眠いので三行くらいの更新で終わらせようと思うんですけど、最近歩いてるんですよ。朝起きたらもう着の身着の儘で上着だけ羽織って近所の公園をサンダルで歩く。合計3kmくらい。健康的なところももちろんそうなんですけど、日の光を意識して浴びないとすぐメンヘラになることが数年の自分の研究でわかってるので、メンヘラ防止の意味のほうがでかい。

 

これまた三日坊主で終わるかなと思ってたら、何故かこれが二週間くらい続いてて、一体どういうことなんだろうって自分で驚いてる。それほどまでに自分自身の生命に危機を感じてるのか、色々な情報が積み重なって散歩にアドバンテージを見出すようになったのか、わからないんだけど、なんか続いてる。散歩したら3ドローくらいのテンション。すごい。すごくないですか!?

 

なんなら歩くのだけだとつまんないから調子に乗って走っちゃうときもあるくらいで、一体僕はどこへ向かってるんだろうと思いながらも、仮に散歩が今後も続くなら散歩からブログのコンボをひとまとめで習慣にできないかなと思って最近は更新してます。中々別のことやっちゃってコンボになってないんだけど。

 

これが成立したら結構嬉しいんだよなあ。でもそれがちゃんとできる人間ならこんな生き方をしていないみたいな。マジレスは人の心を傷つけるのでやめてほしい。

 

最近身の回りが健康系で結構やられてるので、皆様もご自愛くださいませ。

 

 

 

それじゃあまた。

TGS、熱い。

ちょもすです。

 

TGS最終日、行ってきました。

 

 

もう熱気がとにかくすごい。というか人がすごい。15年前くらいにポトリスの大会に関東代表で出たのがはじめてのTGSだったけど、少なくともあのときはこんなイベントじゃなかったし、数年前にappで出させてもらったときのTGSですら、こんな熱気ではなかった気がする。すごい。こんなにゲーム好きな奴がこの世にいたんだなって素直に感動したけど、その2秒後くらいに「ちょっとくせえな……」と思った。

 

正直一般日ともなると人多すぎワロタ状態でゲームどころじゃなくて、なんとなくブラブラしてなんとなくステージ見て、あそこの姉ちゃん綺麗だな~とかあそこの姉ちゃんはあんまり……みたいなことを思いつつ、意外と来てる知り合いとばったり会って、久しぶりですね~みたいなことをくっちゃべるイベントになる。それがめちゃめちゃ楽しいんですけどね。普段あんまり会わないような人もTGSならだいたい来てるので、同窓会というか、オフ会というか、そういう楽しみ方というか。

 

イベント的な何某を見るのかはともかく、ゲームの試遊とかって正直あんまり魅力を感じないんだよなあ。2時間とか待って試遊するよりも、今ある遊びつくせてないゲームを遊んで、正式に発売されたらそこでじっくりやればいいよなと思ってしまう。やってみて面白さがわかって、そこで買う買わないの判断する人にとっては確かにいいのかもしれないから、意味は全然わかるんだけど。ゲームやりたい星人の僕にはあんまりあってない。だからもっと振り切って、がっつり見る系のイベントが増えたらいいなとは個人的に思う。

 

がっつり見るで思い出したけど一つだけイチャモンをつけたいことがあって、

 

www.youtube.com

 

「ぷよぷよの大会、心拍数が出てきて面白い!これこそesports!」みたいな意見が散見されるんですけど、 

 

 

同社の神ゲームプレイヤーの2年前の数多の犠牲があって、そのシステム成り立ってることを覚えておいてほしい。れたすさんも死んだしディレクターの久保田大介さんも死んじゃいましたけど、その犠牲があって『bi-e-play』なるわけのわからん名称のついたシステムが成り立っているので、その点だけどうか忘れないでほしい。それをもってesportsならCoJもesportsでした、という話になるので、そのこともどうか忘れないでいてほしいですね。

 

今日のイチャモンでした。

 

 

それじゃあまた。